多忙なオカンも合格! AWS認定 クラウドプラクティショナーを受けてみた

Pocket

こんにちは、情シスのお姉さん sumi です。

普段は「情シスのお姉さん」として情シス業務を担っておりますが、家に帰れば「オカン」として家事と 2 歳 & 5 歳の怪獣たちの育児に追われる日々を過ごしております。

 

さて、情シスの業務でも最近は AWS などのクラウドを活用する機会も増えてきました。

AWSに関しては運用メインで利用している程度の身ですが、自身のAWSの知識はどのくらい身についているのか確認したいのと、これから情シスでもAWSを活用していける知識をつけたいなーという気持ちもあり、まずは入門レベルの認定試験を受験し、無事合格してきたので体験記でも書きたいと思います。

 

準備

AWS認定を受験するにあたって調べたことや準備したことを振り返ってみます。

そもそもAWS認定試験とは?

AWS認定は、Amazon Web Services (以下 AWS) 上でアプリケーション開発やオペレーションが行えるだけの技術的な専門知識を持っていることを認定するもので、AWSでアプリ開発を行うエンジニア・AWSに構築されたシステムを運用するエンジニアはもちろん、AWSを利用した企画や提案・営業を行う方にとってもメリットのある資格です。

https://aws.amazon.com/jp/certification/

 

セキュリティクラウド分野に強い人材が求められている昨今、AWS認定のニーズは高まっています

現在IT系で働いている方はもちろん、育児のために休職中しているパパママや、ITのお仕事をしてみたいと考えている方も受験を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

クラウドプラクティショナーのレベル

AWS認定試験には4つのレベルが設定されており、公式によるとこのように区分されています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/

 

クラウドプラクティショナー→アソシエイト→プロフェッショナル→専門 といったステップでレベルがあがっていくイメージですね。

今回私が受験した クラウドプラクティショナー は、入門編と言われている認定資格です。

クラウドを利用するメリット や、AWSでできること等の基礎的な部分の内容となっています。

 

申し込み

AWS認定試験の申し込みはWEB画面から登録をします。

テストセンターは PSI テストセンター か Pearson VUE テストセンターの 2 種類から選択でき、世界各地にあるテストセンターの中から好きな場所を選択することができます。

自宅 または 職場の近く、はたまた旅行先など、好きな時間・好きな場所で受験できます。

 

勉強

普段の業務はさておき、ちゃんと試験勉強に取り組んだのは3日程度でした。。

と言っても書籍を購入したりはせず、模擬試験以外は無料でできる範囲で勉強に取り組めました。

 

 

1. 実際に触る

そもそもあまり勉強が得意ではないということもありますが、普段から業務で実際に触っていたのでいつの間にか知識が身についていました。個人でもアカウントを作成して手軽に利用することができるので、ぜひ無料利用枠内で主要なサービスを実際に触ってみたり、AWSの基本の用語は抑えておきたいところです。

  • EC2
  • RDS
  • S3
  • リージョン / アベイラビリティゾーン / エッジロケーション
  • セキュリティ分野
  • 請求と料金

理解が進むと、「あーこれってこうなってたんだ!」って発見があるのが IT の面白いところ。

 

2. Blackbelt の動画を見る (聞く)

BlackBeltがおすすめと伺っていたので、通勤中や夕飯作りの時間でこちらの動画を再生して聞き流していました。

(スピーカーで聞いていたら「ママ、音うるさいからシーして」って言われたのでイヤホンで…)

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/webinar-bb-practitioner-2018/

 

知らない単語が聞こえた時に巻き戻して再生したりできるので、家事育児に追われて多忙なママでも安心です。

 

3. 模擬試験をやってみる

AWS認定試験は過去問が存在しないことやアップデートがあることから、模擬試験は受験しておきたいところです。

模擬試験の問題数は20問で、試験時間は 30 分です。私は会社の昼休みに軽い感じで受験してみました。

受験料 ¥2,000 を支払う必要がありますが、当日の流れと似たような感じで受験できるので、初めて受験される方は特に価値はあると思います。

 

試験当日

当日は開始時間に遅れないよう余裕をもってテストセンターへ行きました。

身分証明を行うため、2種類の身分証明ができるもの(免許証やクレジットカードなど)を持って受付で提示します。

このとき、受験者の名前と身分証明の名前が異なると受験できないらしいので、結婚等で氏名の変更があった場合などは特に注意して受験の申し込みをしましょう。

受付後は所持品はすべてロッカーへ入れてから身一つで座席へ案内されます。あるのは目の前のPCとメモ用のホワイトボードのみ。

自由記述問題はなく、一択回答複数回答の選択問題をひたすら解いていきます。

 

全て回答して終了ボタンを押下もしくは時間切れで終了したら、アンケート回答後に即結果が表示されます。(スコアは後日)

試験時間は90分ですが、私の場合40分程度で終わったので早々に終了ボタンを押しました。

 

結果

後日送付された試験結果を確認したところ、815 / 1000 点でなんとか合格となりました。
合格ラインは700点以上だそうです。(危ないw

これで私も晴れてAWS認定保有者の仲間入りです!

退出した後、チームのメンバーへ合格の喜びを報告したら、たくさんほめてくれたうちの情シスメンバーほんとに温かい。

 

合格したら嬉しい特典が

なんと合格すると…

  • デジタルバッジがもらえる!! (なんかカッコイイ!)
  • 模擬試験1回分が無料になるバウチャーがもらえる!! (タダより安いモンない!)
  • 試験1回分が50%オフになるバウチャーがもらえる!! (やすーい!)
  • 認定者ラウンジに入れる!! (入ったことないけど!)
  • 認定者ストアに入れる!! (買えるもんないけど!)

次のレベルの試験挑戦も見据えているなら、受験代が安くなるのは主婦には嬉しい特典です。

 

まとめ

クラウドプラクティショナーはAWS全体と広い範囲の知識が求められますが、単語の意味や各種サービスがどのような機能を提供するのかをある程度理解していればオカンでも難しいものではありませんでした。

クラウドやセキュリティ人材の価値が上がる今、AWS入門の第一歩として気軽に受験してみてはいかがでしょうか?

 

Pocket

The following two tabs change content below.
すみ
2011年KDLへ新卒入社し、WEBエンジニアとしての経験を積んだ後に情シスへ異動。2度の出産・復職を経て仕事も家庭も幸せな働き方を実践中。インフラエンジニア見習い。この世のすべての情シスを幸せにしたい。