情シス Café in Kobe #3 開催レポート

Pocket

情シス Café in Kobe #3 の開催レポートです!

内容

時間 内容 スピーカー
18:30 ~ 開場
19:00~19:05 情シス Café in Kobe とは 山本大作
19:05~19:15 参加者の自己紹介
19:15~19:25 クラウドサービス導入してみてどうだったかを個人的に振り返ってみる 山本大作
19:25~19:35 CSIRT活動で心がけていること 飯島憂
19:35~19:40 業務改善バッチ集 山下高範
19:40~19:50 管理部門の仕事をチームから組織にした話 尾崎有希枝
20:00~21:00 懇親会 テーマ自由で、和気藹々とみんなで話し合う

クラウドサービス導入してみてどうだったかを個人的に振り返ってみる

私の発表です。
他社情シスの方から興味のあるテーマを聞いてみたところ、情シスが全社導入した方がいい!クラウドサービスのオススメとか知りたいとのことでしたので、一度現状を整理してみようと思い振り返ってみた発表です。
導入を担当した個人の考えとして、導入目的や選定基準などを改めてまとめてみると良くなったことと新しい課題も見えてくるので良かったです。

CSIRT活動で心がけていること

弊社の CSIRT(KDL-SIRT) 担当者(唯一の専任メンバー!)にも発表してもらいました。
私も SIRT 組織に関わっていますが、組織立ち上げ段階から運用中まで状況を見てきたのでよく分かる資料になってます。
「経営者の目線で」
「社員へは協力への感謝を欠かさない」
これは情シス(に限らず)でも共通するところですね~
基本的(でもなかなかできない、できていないこと)なことはやはりどのような分野でも共通項があるなぁと思います。

業務改善バッチ集

現在の情シスチームリーダーである山下の発表です。
情シス運営の中で、色々な問題をプログラミング(バッチ)で解決or改善してきていますが、その内訳を紹介してくれています。(前後編w)
会場ではモザイクかかっていませんでしたが、パブリックに公開するということでほぼモザイクw

管理部門の仕事をチームから組織にした話

私の所属部門長にも発表をお願いしました!
組織立ち上げの時の専任というのが私ですw
なので経緯を全部知っているので懐かしさに浸りつつ、色々試しては改善を繰り返して今の状態があることを再認識できました。
長い活動ってどこかで定点観測しないと見えないことが多いので、振り返り⇒からの⇒今後の方向性を考えることは組織運営において非常に大事だと思います。
3ヶ年計画は、先のビジョンを描く(目標を定める)だけではなく、関係者との認識を合わせてチームワーク力を高めるためにも効果的ですね。

懇親会

いつも通りビザを囲んで懇親会!(写真撮り忘れました^^;)
Redmine大阪勉強会で知り合った門屋さんに餃子差し入れも!ありがとうございます!
そしてレポートもいただいています^^

前回(第2回目)に LT いただいた中村さん(同じくRedmine大阪での知り合い)と門屋さんに、懇親会で食事をしながら飛び入り LT をしていただきました!
今までと違った雰囲気で、飛び入り LT も面白い試みなので今後もこのパターンを使わせていただこうと思いますw
また LT 以外にも参加いただいた方からの質問タイムにもなり、資料がなくても色々聞きたいことで情報交換でき有意義な時間となりました。
参加いただいた方ありがとうございます!

近いうちに次回開催予定(4月頃?)です。
予定があればぜひご参加お待ちしています!

Pocket

The following two tabs change content below.
山本大作
2007年に神戸デジタル・ラボへ新卒入社したインフラエンジニア。 大規模ECサイトのインフラ運用、保守、監視を経験し、兼任で情報システムの運用、管理も行い専任化。 インフラ(サーバ、ネットワーク、セキュリティ)の得意分野をベースに、クラウドサービスを組み合わせることによる効率化、自動化の究極形態を研究、模索中。自動化とAWSが好き。 2017年からマネジャーにジョブチェンジして、マネジメント領域に挑戦中。