esa.io がいいという話を聞いて試してみると想像以上に使いやすかった

Pocket

こんにちは、山本です。
今回は esa.io についてです。

毎週、有志で developer's KDL と称した社内勉強会をしていますが、個人的に使ってみたかった esa.io について発表しました。

esa.io とは

esa.io は「情報を育てる」という視点で作られた、
自律的なチームのためのドキュメント共有サービスです。

公式サイトからの引用

Concept

https://esa.io/concept

esa-concept

Concept に惚れました。いいですね~。

ドキュメントを残すってほんとに大事なのに、ほぼ後回しになったり、最初から完全なものを作ろうと頑張って中途半端に終わっていたり更新されていなかったり・・・。

特にエンジニアはドキュメントを書くのが得意でない(あまり好きではない)人が多い気がしていたので、それを理解した上で共感できるメッセージで分かりやすく表現されているところにまず心掴まれました。

良かった点

  • 画像の添付が超絶楽!!(コピペで自動アップロードされる)
  • 書いててなんか気持ちいい(デザインセンス?)
    ⇒ ドキュメントを書くのは結構ツライので、使ってて気持ちいいという感覚は大事だと思う。UX 大事。
  • Markdown 対応(当然?)
  • リアルタイムプレビュー機能
  • スライドショーで簡単プレゼン資料となる
    ⇒ Markdown で記事を書いておけば、資料作成時間が大幅に削減できる
  • WIP(Work in Progress)で、未だ書きかけということを明示
  • カスタムテンプレート機能
  • カテゴリ、タグ設定が簡単で、変更時も一括反映できる
  • 記事毎にコメント、スターによるコミュニケーション
    ⇒ 記事をチームで育てていくことがやりやすい
  • アイコンかわいい

少し残念なところ

  • アカウントが現状 Google アカウントのみ(2016/09/09 時点)
  • 小さいチームだと合うが、組織への導入となると管理上の機能がまだまだ不足している
    • AD 連携
    • SAML 認証(SSO)
    • 権限管理

情シスという立場上、会社全体への導入は全体管理の効率性やセキュリティレベル、閲覧可否などの権限を一括管理できるかという観点で評価することになるので、難しいところでした。。

所感

Wiki として使いたい、社員へのルールや FAQ、マニュアルなどのポータルっぽく使えたらなぁという思いもありましたが、会社全体となると一気にハードル上がる感じ。

ただ、ちっちゃいチームだとかなり合います。
Slack に近い考え方な気がしました。
(チーム乱立して管理大変そうとか、複数チームに属すると切り替え大変とか)

勉強会メンバー同士の情報共有やノウハウ共有ツールとしては最適ですが、アカウントもっていない人にも公開したい(ただし社内のみ)みたいな要件は難しいですね。

別で評価していた DocBase だと、会社全体への導入には向いてそうな感じです。
グループ機能や全体管理機能、2 要素認証など、求められそうな機能が用意されています。

でも、、やっぱり esa いいですよ esa
個人的に使っていこうと思います。
(今後のブラッシュアップに期待!)

Pocket

The following two tabs change content below.
山本大作
情報システムチーム リーダー株式会社神戸デジタル・ラボ
2007年に神戸デジタル・ラボへ新卒入社したインフラエンジニア。 大規模ECサイトのインフラ運用、保守、監視を経験し、兼任で情報システムの運用、管理も行い専任化。 インフラ(サーバ、ネットワーク、セキュリティ)の得意分野をベースに、クラウドサービスを組み合わせることによる効率化、自動化の究極形態を研究、模索中。自動化とAWSが好き。
Recommend
No articles